関連情報

紫外線から肌を守る為に必要な知識について

紫外線の種類とその対策

 

紫外線から肌を守るためには、まず紫外線について知ることが大切です。紫外線にはどのような種類があり、それぞれどのような性質を持っているか、その知識を身につけることで紫外線対策の一歩を踏み出すことになります。
まず紫外線の種類についてですが、紫外線には大きく分けてA波とB波という種類のものがあります。紫外線A波とB波を浴びたとき、それぞれがどんな影響を肌に与えているのかを理解することが、紫外線対策には欠かせません。
紫外線A波は波長が長いという特性を持っており、皮膚の深層にまで届いてそこから肌に影響を及ぼします。日焼けや、肌の乾燥の進行は、A波が要因のようです。B波は、A波と異なり波長が短く、私たちの肌に直接当たる量は紫外線の総量の10%にも満たないといわれています。しかしエネルギーが強く、肌の表面に炎症を引き起こし、肌を赤くさせます。
次に紫外線A波とB波の対策方法ですが、私たちがそれぞれをどのタイミングで浴びているか把握しましょう。例えば、紫外線A波はオゾン層を通り抜けやすいため、B波の20倍以上もの量が地上に降り注いでいます。A波は窓ガラスなども通り越すので、家の中にいても対策をしなくてはいけません。反対に、B波は窓ガラスなどを貫通することはなく、外出時のみ対策をすれば良いということになります。日光に含まれている量も少ないので、日傘や帽子を使っての対策が可能です。
紫外線は、肌に受ける量が少なくてもその影響は大きいものです。しっかり対策しなければいけません。紫外線対策方法はいろいろありますので、自分に一番合った方法を調べて見つけてみてはいかがでしょうか。