30代になるとなぜ敏感肌になってしまう人が多いのか

 

20代までは、生理前にポツンとニキビが出来る程度で、お肌の悩みなんて皆無に等しい私でした。基礎化粧品に特にこだわることもなく、また日焼けや美白対策なんかにも無頓着で、それでもそれなりの肌質を保っていたように思います。

 

そんな私が、化粧のノリがなんだか悪いと思うようになったり、目の周りのかゆみに悩まされるようになったのは、30代になってからでした。

 

値段の安さで使用していた基礎化粧品が段々合わなくなり、もしや敏感肌になってしまったのかと思うようになりました。それでも最初は気のせいかな程度に思っていたのですが、皮膚の薄い部分がヒリヒリすることが続くようになり、やっぱり敏感肌対策の基礎化粧品に替えた方が良いのかなと思い、敏感肌系のものを購入して使用してみることにしました。敏感肌用のものは、今まで使用していたものに比べて多少お値段が張るものの、背に腹は代えられません。使い始めてしばらくすると、お肌の潤いが戻ってきたような、そんな感じになりました。

 

30代なんて、体も動くしまだまだ若い気満々な時期です。でも、色々調べてみると30代からすでにお肌の老化というものが始まっているようで、外からの刺激にも敏感になるため、敏感肌になってしまう方というのは比較的多い年代なのだそうです。

 

また、この時期のケアはとても大切で紫外線対策にも力を入れないと、40代になりシミやシワに悩まされる原因にもなるということでした。

 

敏感肌の悩みと言えば、自分に合う化粧品が見つかりにくいということだと思います。

 

私の場合は幸いにも、チープな化粧品を使用していたものの、そのメーカーは様々な基礎化粧品をラインアップしていたため、その中で敏感肌に特化したものを選び使用したところ、肌トラブルにも見舞われることなく、馴染んだというわけです。

 

敏感肌の場合、合わないものを使用すると途端に湿疹が出来たりという原因になりかねないので、自分が使用していた化粧品メーカーのものから試すと失敗が少ないと思います。