化粧品と美容液の関係性

 

化粧品と美容液の関係性にについて解説したいと思います。

 

特に乾燥しやすい肌質の方の場合、普段利用する化粧品や美容液が自分の肌質にトラブルなくちゃんと合うのかどうか神経質になってしまう方が多いです。

 

普段のスキンケアで保湿成分が多く配合されたクリームや化粧水を使用していても、乾燥肌の決め手に欠けることがあるので美容液の力を借りている方もいらっしゃいます。

 

乾燥肌が原因で肌の保湿能力が落ちてしまう事で肌に十分な水分が供給されていない時に、しみやしわ、たるみ、にきびといったありがちな肌のトラブルが発生してしまいます。

 

乾燥肌の対策方法なんてないでしょ・・・と諦めてしまっている方もいるようですが、普段使用するスキンケア化粧品の化粧水や乳液、
美容液によるしっかりとした確実なスキンケアを行う事で肌質の改善は可能になります。

 

 

乾燥肌の原因

 

空気が乾燥しやすい秋から冬にかけての季節はもちろんのこと、真夏の日差しの強い季節には紫外線による日焼けによっても肌が常に乾燥した状態になってしまいます。

 

その為、日本に住んでいるとほとんど年中肌が乾燥しやすい環境の為、乾燥肌の対策をまったくせずにそのまま肌ケアせずにいると、更に肌の乾燥は進行してしまいます。

 

特に、角質層など皮膚の保湿を管理する肌の機能が低下してしまい、更に悪循環を引き起こす事になってしまうので中止しましょう。

 

肌の保湿能力が低下し乾燥肌状態になっていると肌の状態が常に敏感状態になっているわけです。
それが原因で敏感肌も引き起こします。

 

急に今まで何もトラブルを起こすことなく問題なく使っていた、自分に合っていると思っていた化粧水や美容液といった化粧品などが
急に自分の肌に合わなくなる…という事も当然起こりうるわけです。

 

急な自分の肌の状態の変化に驚いて急にクリームや美容液などを自分の肌に塗るのは避けたほうが良いと思います。

 

乾燥肌が悪化し保湿力が低下した状態で、敏感肌状態となり刺激への抵抗力も低下してしまっている状態の肌に対して
栄養をたくさん含んだ美容液を使用すると、肌が急な刺激に敏感に反応してしまい化粧品かぶれ等の化粧品負けを起こす場合もあります。

 

ご自身の肌のコンディションに合う確実な化粧品を探すには、刺激がマイルドな化粧品や美容液でパッチテストを実施し、肌の反応をしっかりとチェックすることが
非常に大事な事になります。